アートがある空間

グリーンリーフ ニセコビレッジの改装は「アートがある空間」というテーマに従ってなされました。全ての客室には日本の芸術家によるオリジナルの版画が飾られ、ホテル全体には白鳥絵美氏のアートデザインを随所に散りばめました。ご滞在のお客様には、素晴らしい芸術作品に囲まれた空間をお楽しみいただければ幸いです。


白鳥絵美プロフィール

1979年札幌生まれ。

自然をモチーフに有機的で和洋に捕われない独自のラインを確立。シンプルなテキスタイルから人物や動物の細密画まで幅広く描く、グラフィックデザイナー/イラストレーターとして、北海道を拠点に活動する。

2010年、THE GREEN LEAF Niseko Village リニューアルプロジェクトに参加、ホテル各所にアートワークを提供。(2011年インターナショナル・ホテルアワード「ベストインテリア賞」を受賞)

活動履歴

  • 2002年nano graphicとして独立。
  • 2007年プロダクトブランドnu:g立ち上げ。
  • 現在に至る。

実績例

  • 朝EXPO in Marunouchi(グラフィック全般)
  • BEAMS(プロダクト販売)
  • ワタリウム美術館(プロダクト販売)
  • 札幌コレクション2008(広告)
  • L.A TRADING Co.,Ltd.(カタログ制作)
  • ACIDMAN(CDJK)
  • JAZZTRONIK(CDJK)
  • 一十三十一(CDJK)

アートスペース「グリーンリーフ・ロビーギャラリー」

ザ・グリーンリーフのロビーにて開催のアートギャラリー。ザ・グリーンリーフ館内アートのプロデュースと制作にかかわる、気鋭のアーティスト白鳥絵美氏ほか北海道在住のアーティストらによる作品を集めた典覧スペースとなっています。

グリーンリーフ・ニセコビレッジの改装は「アートがある空間」というテーマに従って行われました。ご来訪のみなさまによりアートを身近に感じていただけますように北海道内外で活躍中のアーティストのエキシビジョンを開催いたします。若いアーティスト達は日本の雄大な自然から様々なインスピレーションを受けてそれぞれのスタイルで作品と向き合っています。皆様もそれぞれの目線で自由に作品を楽しんでいただければ幸いです。